【快適に車中泊する方法 – まとめ】ソロ軽バンライフを楽しもう!


目次

この記事はこんな方にオススメします!

  • 車中泊に興味のある方
  • 車中泊ビギナーの方
  • バンライフを楽しみたい方
  • 車中泊をしてみたいけど、何から始めれば良いか分からない方
  • 軽自動車で車中泊したい方


とことん車中泊を楽しもう!


軽バンでの車中泊をオススメする理由や車中泊を快適にするアイテムなどを紹介してきました。

実際に車中泊を経験し、これから車中泊する方の役に立てればという思いで記事を書いてきました。

記事を書く中で車中泊をして得た知識やノウハウを皆さんに共有するために、私自身も反芻し確認することで知識やノウハウが正確なものに変わるというメリットがありました。

同時にその経験が新鮮ホヤホヤなほど情報に正確性があることにも気づきました。

数ヶ月前のことでも、細かい部分は忘れてしまったりしています。

振り返りは大事ですが、振り返るタイミングも同じくらい大事ですね。

時が経ち、いつか車中泊のやり方を忘れてしまったら私はこの記事を確認しにきます笑

そのくらい整理された質の良い記事であることを皆さんに保証します!


ソロ車中泊するなら維持費の安い軽バンがオススメ


ソロ車中泊で軽バンがオススメな理由


  • 普通自動車に比べて、軽自動車は維持費が安い(1年の予想金額は20万円前後。)
  • 成人男性でも足を伸ばして寝れるスペースがある。(数値上は193cmの大谷選手でも大丈夫。助手席を倒せば264cmまでオッケーです。)


軽バンは普通車に比べて維持費が安い


まずは軽自動車に1年で必ずかかる費用をまとめました。


マストでかかる維持費


  • 自動車税 = 10,800円(毎年4月1日に請求される。)
  • 車検費用 = 約30,000(軽自動車は2年に1回の車検義務があり、6,0000円として考える。)
  • 任意保険 = 約35,000(一般的な軽自動車の年間保険料を35,000円として考えた。)


それ以外にかかる維持費


  • ガソリン代 = 約113,000円(燃費15km/1L、ガソリン代170円/1L、走行距離10000kmの場合)
  • メンテナンス費用(エンジンオイルやタイヤ交換など)
  • 高速道路料金
  • 駐車場代(地域によって、また屋根付きなどで価格が変わる。)
  • 任意車両保険(もしくは事故が起きて車が壊れてしまった場合の修理費用)


ガソリンは2022年に入り、1Lあたり170円の大台を突破しました。

車種や車載状況などにより燃費は変わるので単純比較はできませんが、軽自動車の燃費を15km/1L前後と考えます。

休日のみの移動であれば、遠方まで遊びに行っても年間10000kmは超えないと思います。

上記の条件で計算すると、ガソリン代は約113,000円になります。

またオイル交換は半年に1回の交換が推奨されています。

遠征するのであれば高速料金も入ってきます。

マストでかかる維持費と合計すると、1年に20万円近くはかかりそうです。

人によってはここに駐車場代や任意車両保険も加わります。

軽自動車で1年に約20万円かかるので、普通自動車の場合は確実に20万円以上かかってきます。


成人男性でも車内で足を伸ばして寝れる



軽バンは成人男性が足を伸ばして寝れるほどのスペースがあり、天井も高いです。

ソロであれば余裕で車中泊できる広さなのです。

ちなみに私が車中泊車に選んだスズキエブリイのバンの広さは、後部座席を倒してフラットな状態にすると、荷室の床面の長さは1,955mmです。


車中泊でもコットとヨガマットを使えば安眠できちゃう!


  1. Coleman(コールマン) コンバータコット
  2. IMPHY(インフィ) フォールディングヨガマット



Coleman(コールマン)コンバータコットがオススメな理由


  1. コットの下のスペースに荷物が置ける!
  2. エブリイバンの荷室にジャストフィット




IMPHY(インフィ)フォールディングヨガマットがオススメな理由


  1. コールマンのコンバータコットにジャストフィット
  2. 長時間寝ても体が痛くならない!
  3. 水洗い可能で、乾くのも早い!



暑い夏を乗り切るクールな3種の神器


  1. SmartTap(スマートタップ) ポータブル電源 PowerArQ 2
  2. TEKNOS(テクノス) 折りたたみ扇風機
  3. エブリィバン専用ファン付きボード



1. SmartTap(スマートタップ) ポータブル電源 PowerArQ 2がオススメな理由


  1. 500Whの大容量
  2. シガーソケットからの充電が可能
  3. 車中泊やアウトドアだけでなく、災害時にも役立つ


2. TEKNOS(テクノス) 折りたたみ扇風機がオススメな理由


  1. USBケーブルで充電可能
  2. 車中泊やアウトドアだけでなく、災害時にも役立つ
  3. コンパクトに折りたためる


3. エブリイバン専用ファン付きボードがオススメな理由


  1. USB type-Aで使用可能
  2. 外気の取り込みと内気を排出する役割が秀逸
  3. エブリイバンのウインドウにジャストフィット



オススメのブラインドで車中泊中のプライバシーを守る!


  1. カット済みカーフィルム
  2. サンシェード(エブリィバン専用)


1. カット済みカーフィルムがオススメな理由


  1. 専用設計で早朝の日差しを遮断
  2. ミラーっぽい見た目がカッコ良い
  3. 貼り付けが簡単


2. サンシェード(エブリィバン専用)がオススメな理由


  1. 吸盤による取り付け・取り外し
  2. 断熱性が高い




車中泊中に音と光をシャットオフする方法


  1. Hilander(ハイランダー)  接触冷感シュラフ UK-23(封筒型)
  2. MOLDEX(モルデックス)の耳栓 
  3. エレコム アイマスク エクリア(HCM-RH01BR)


1. Hilander(ハイランダー)  接触冷感シュラフ UK-23(封筒型)がオススメな理由


  1. 接触冷感力の高さ
  2. シュラフ型から掛け布団型に変形可能
  3. 洗濯機で丸洗い可能


2. MOLDEX(モルデックス)の耳栓がオススメな理由


  1. 種類が豊富で自分好みの耳栓に出会える確率が高い
  2. 8種類の耳栓が入ったお試しセットが500円前後と安い


3. エレコム アイマスク エクリア(HCM-RH01BR)がオススメな理由


  1. 体温を利用した温熱効果で、目元のコリや疲れをほぐす効果がある
  2. 一般的なアイマスク以上のブラインド効果がある
  3. 洗濯しても効果が薄れない




車中泊スポットは道の駅がオススメ!


車中泊スポットの探し方


  1. Googleマップで検索
  2. 行きたいエリアに合わせて「道の駅」と検索 
  3. 出てきた道の駅の詳細を確認



車中泊で最低限の快適さを求めるなら道の駅がオススメです。

車中泊する際は最低限のマナーを守りましょう!

夜に車中泊スポットにに到着した際はすでに寝ている方もいるので、エンジン音を無駄にふかしたり、音楽やラジオの音量にも気をつけましょう。

車中泊スポットを決めて、安全に車を駐車したら、速やかにフロントライトの光を消しましょう!



まずはレンタカーやカーシェアでお試し車中泊をしよう!


「車中泊のオススメアイテムや車中泊スポットの探し方については分かったけど、そもそも車を持ってないよ!」

という方にはまずはレンタカーやカーシェアで車を借りて、お試し車中泊をしてみるのをオススメします。

タイムズレンタカーであれば、バンタイプの車の貸し出しをしています。

気になる料金ですが、通常料金で24時間の場合、ハイエースなどの大きめのバンは15,400円です。

会員になるとハイエースの場合、24時間で12,320円と安くなり、3,000円以上お得です。

いざキャンプに行こうとなっても、申し込みから登録までに時間を要するので、事前に登録しておくことをオススメします!