【軽バン車中泊の暑さ対策】暑い日の車中泊でも8時間眠れる快眠アイテム



この記事はこんな方にオススメします!

  • 車中泊に興味のある方
  • 車中泊ビギナーの方
  • バンライフを楽しみたい方
  • 軽バンで車中泊をしたい方
  • 夏の車中泊で安眠したい方



車中泊するならコットとヨガマットの組み合わせが最強!


車中泊でも安眠できるオススメの寝床アイテムを紹介しました。

実際に私は車中泊でコットとヨガマットを使用していますが、7.8時間寝ても体が痛くならずオススメです。

今回も車中泊に関するオススメのアイテムの紹介です。


真夏の車中泊でも快眠できる!


私は7、8月の真夏に車中泊をしていましたが、入念な暑さ対策をしたので、毎日安眠できていました。

睡眠の質が上がると、翌日のパフォーマンスが向上します。

今回は真夏の暑さを乗り切るクールなアイテムを紹介します。



これが超クールな3種の神器です!!

右からポータブル電源、ポータブル扇風機、換気用ファンボードです。

ゴチャゴチャしていてすみません。

車中泊中も写真のような感じでこの超クールな3種の神器を使っていました。


1.SmartTap(スマートタップ) ポータブル電源 PowerArQ 2


※この記事の最後に商品リンク(最安値)を貼っておきますのでご参照ください。


こちらは一言で説明すると、大容量のポータブルバッテリーです。

アウトドアだけでなく、地震や停電の際にも役立ちます。

USBだけでなくシガーソケットやコンセントにも使える優れものです。

しかもUSBはTYPE-Cも使えるので、Macの充電だっていけちゃいます!


オススメポイント1. 500Whの大容量


PowerArQ 2のフル充電後のマックス電源容量は500Whです。

単純計算で100Whの電気を5時間使用することが可能ということです。

この500Whの容量がどのくらいかというと、iPhone13のバッテリー容量が12.41Whなので、iPhone13を40回以上フル充電できるということです。

MacBook Air 13″ Retina Late 2020 Repairであれば、バッテリー容量が49.9Whなので、ほぼ10回分のフル充電が可能です。

MacBook Airで10回のフル充電が可能とは相当な容量だということが窺えます。


超クールな3種の神器の残りの2つである扇風機と換気ファンなら数日間でも回し続けられる勢いです。


オススメポイント2. シガーソケットからの充電が可能


シガーソケットから充電可能なのは車中泊ポイントが高いです。

車での移動時に充電→車中泊で使用→車での移動時に充電→車中泊で使用

というエンドレスループが可能なので充電不足になることはなりません。

ちなみに移動時のシガーソケットからのフル充電は7から8時間ほどかかるようです。

一晩分の車中泊であれば、ポータブル電源の容量の半分以上も使用しないと思うので、1、2時間で充電し終わるのではないのでしょうか。


オススメポイント3. 車中泊やアウトドアだけでなく、災害時にも役立つ


近年、日本でも地震や洪水で停電してしまうことが多々ありました。

私自身も大規模停電で3日間近く自宅の電気が復旧しなかった経験をしています。

幸いお風呂やコンロはガス使用だったので、困りませんでしたが、携帯の電池が無くならないか心配でした。

最低限の情報収集と連絡手段のために携帯だけは動くようにしておきたいので、大容量のポータブル電源があれば安心です。

家族のいる方は携帯も複数台あると思いますので、500Whの容量は魅力的です。


2.TEKNOS(テクノス) 折りたたみ扇風機


※記事の最後に商品リンク(最安値)を貼っておきますのでご参照ください。


車内の空気を夜通し循環させるためのポータブルサーキュレーターです。

車内でも自宅でもどこでも持ち運べて使用できます。


オススメポイント1. USBケーブルで充電可能


USB充電可能で、先程のPowerArQ 2にコネクトしたまま使用が可能です。

おかげで車中泊中に充電切れでサーキュレーターが止まり、暑くて苦しむこともありません笑


オススメポイント2. コードレスなのでどこでも使用可能


コードレスなので、どうしても暑い時はいっそのこと風を直接当てたい場所に持ってきてしまうことも可能です。

顔面や体などのすぐ横に置き、0距離で風を当てることができます。


オススメポイント3. コンパクトに折りたためる


使用しない時は折り畳んでコンパクトにすることができます。

折り畳めない扇風機の場合は首の分の高さがあるので、地味にスペースを取ったりします。

車中泊は荷物が多くなりがちなので、コンパクトになるのは助かります。


3.エブリイバン専用ファン付きボード


※こちらは商品リンクはありません。


車外から見た写真です。

ファン付きボードも車内の空気を循環させるためのアイテムです。


オススメポイント1. USB type-Aで使用可能


USB type-Aで使用可能なのでこちらも先程のPowerArQ 2にコネクトしたまま使用できます。

コードを適度な長さにすれば、就寝時に体に絡まったりすることもありません。


オススメポイント2. 外気の取り込みと内気を排出する役割が秀逸


外側にファンを向けたボードと内側にファンを向けたボードを使うことで循環が生まれます。

後部座席の両窓にボードを取り付けます。

一方が車外の空気を取り込む役割で、もう一方が車内の空気を外に排出する役割です。

さらにサーキュレーターが車内の空気を循環させているので、車内がムシ暑くなりません。


オススメポイント3. エブリイバンのウインドウにジャストフィット


エブリィの専用設計なので当たり前ではありますが、しっかり隙間なくハマります。

窓を下げてオープンにしてからボードを取り付けます。

その後、窓を上げられる所まで上げてボードを固定してしまいます。

虫なども完全にシャットオフです。

夜中、車内に蚊が入ってきて、悲惨なことになることはありません。


真夏の車中泊でも快眠できる超クールな3種の神器


  1. SmartTap(スマートタップ) ポータブル電源 PowerArQ 2
  2. TEKNOS(テクノス) 折りたたみ扇風機
  3. エブリイバン専用ファン付きボード


車中泊のための超クールな3種の神器はいかがだったでしょうか?

このアイテムで真夏の車中泊を乗り切れること間違いなしです!

実際に私はこのアイテムを使用して快眠できましたので、本当にオススメです!!