【コットとヨガマットを使った軽バン車中泊】軽自動車(エブリイ)でも安眠できるベッド


この記事はこんな方にオススメします!

  • 車中泊に興味のある方
  • 車中泊ビギナーの方
  • 軽バンで快適に睡眠を取りたい方
  • 軽バンでの車中泊を楽しみたい方
  • 軽自動車(エブリイ)の荷室サイズを知りたい方



ソロ車中泊するなら軽バンを選ぼう!


ソロ車中泊に軽バンをオススメする理由


  • 普通自動車に比べて、維持費が安い(予想では19万円は掛かる。)
  • 成人男性でも足を伸ばして寝れるスペースがある。(助手席を倒さなくても、数値上は身長193cmの大谷選手でも大丈夫。助手席を倒せば264cmまでオッケー。)


前回の記事ではソロ車中泊に軽バンをお勧めしました。


今回は車中泊でも安眠できちゃうオススメの方法を解説していきます。

私はスズキのエブリイバンを使っていました。

軽バンで快適に車中泊できていたので、ほとんどのバンであれば快適に寝れるはずです。



軽バン(エブリイ)を車中泊モードにします!


まずは軽バン(スズキのエブリイバン)を車中泊できる状態に変えていきます。



通常の後部座席の状態です。

まずは後部座席の背もたれを前側に倒します。



後部座席を運転席側に半回転させます。

後部座席の裏側が剥き出しになっていますね笑



後部座席の上からラゲージマットを敷きました。

エブリイバン専用のマットなのでジャストサイズです。


バックドア側から見てみました。

エブリイバンの車中泊モードです。

物が置いてないので、かなり広く感じます。




車中泊でも寝心地が良くなるオススメのアイテム


それではバンでの車中泊を快適にするオススメのアイテムを紹介していきます。


1.Coleman(コールマン) コンバータコット


※記事の最後に商品リンク(最安値)を貼っておきますのでご参照ください。

コットとはキャンプ用の折りたたみベッドです。

背もたれの角度を変えることができる優れものです。



パッケージの写真です。

私は楽天市場で購入しました。

運が良いとコストコで安く手に入るようです。




折り畳むとかなりコンパクトになります。


オススメポイント1. コットの下のスペースに荷物が置ける!


コットを置くことでコットの下にスペースができます。

このスペースに荷物を収納することができます。

車中泊やキャンプはたくさんの荷物を積むので、スペースがあると助かります。

「でもコットの上に寝たら、天井までの距離が近くなって圧迫感が出るんじゃない?」

問題ありません!

コットの高さが32.5cmで、エブリイバンの車室の天井までの高さは124cmなので90cm以上の距離があります。

コットの上に膝立ちしても天井に頭がつかない高さなので、圧迫感を感じないと思います。


ラゲージスペースにコットを置いた写真です。

コットの下には高さ30cmのスペースがあります。


オススメポイント2. エブリイバンの荷室にジャストフィット


コットの全長は1938mmです。

エブリイバンの荷室床面長は1955mmなので、助手席を倒さなくてもギリギリいける?

話は変わるが、コットの長さが大谷選手と同じ身長(193cm)…

引用:スズキ公式ホームページ



助手席を倒した写真です。

私はギュウギュウになるのが嫌なので、助手席を倒して、コットを置きます。

先程の写真にもあるように助手席を倒すと床面の長さは2640mmになります。

ちなみに世界で最も背の高い存命中の男性はトルコのスルタン・キョセンさんです。

身長は251cmです。

数値上はスルタンさんでもエブリイバンの助手席を倒せば、足を伸ばして寝れることになります。


助手席を倒した状態でコットを設置した写真です。

助手席を倒しているので、スペースに余裕があります。

前側にコットの頭(リクライニングする側)が来るように設置するのをお勧めします。

これはコットの頭を上げることで助手席を生かすことができ、コットをわざわざ折り畳んで収納しなくても、快適な運転状態に移行できるからです。

ちなみにコットの頭を上げないで運転しようとすると、サイドブレーキがコットと干渉します。

次はエブリィの荷室の横幅についてです。

荷室の横幅は138cmで、コットの幅は64cmです。

数値上はコットの横幅は荷室の横幅の半分にも満たないです。

つまりコットを2つ置いてもお釣りがくるということです笑

実際にコットを設置してみると左ドアと運転席の間には、ほぼ隙間がなくジャストフィットです。

数値上はもう少し余裕があっても良いように思えますが、実際はこんなにもちょうど良いサイズ感とは、エブリイバンのために作られたコットなんじゃないかと疑ってしまうレベルです笑




2.IMPHY(インフィ) フォールディングヨガマット



※記事の最後に商品リンク(最安値)を貼っておきますのでご参照ください。

名前の通りヨガマットです笑

コンバータコットだけでは体が痛くなってしまうので補助としてこのヨガマットを使用するのをお勧めします。


お洒落なパッケージです。


オススメポイント1. コールマンのコンバータコットにジャストフィット



ヨガマットの長さは182cmで、幅は61cmです。

コンバータコットの上にヨガマットを敷くとどうなるのでしょうか?


コットの上に折り畳まれたヨガマットが置かれています。

一般的な丸めて畳むタイプではないので、癖がついておらず敷いた時に浮かないところが良いです。


ヨガマットを広げてみました。

ほぼジャストサイズ!?

なんてこった!

こんな偶然があるのでしょうか?

コンバータコットはエブリイバンのために作られていて、ヨガマットはコンバータコットのために作られている!?


オススメポイント2. 長時間寝ても体が痛くならない!


このヨガマットの厚みは7mmです。

ヨガマットは5mm以下のものが多いので、7mmは厚い方です。

実際に私は車中泊中にこのヨガマットの上で寝ていましたが、体が痛くなりませんでした。

さらにゴムのグリップ性が高いので、コットとのズレが生じないのも強みです。

また筒状に巻くタイプは端が丸まってきてしまいますが、インフィのヨガマットは常にフラットな状態を維持できるのも良いです。


オススメポイント3. 水洗い可能で、乾くのも早い!


就寝時に汗をかく方が多いかと思います。

そして夏の車中泊は特に暑いです。

でも大丈夫です!

ネオプレン素材のため水を弾くので、翌日にささっと水で流して乾かしてしまえば、清潔な状態を維持できます。

車中泊中は車内にスペースに余裕がないので、誤って飲み物をこぼしてしまうこともありますが、すぐに水洗いすれば問題ありません。

そもそもは車中泊アイテムではなくヨガマットなので、汗を弾くためにネオプレン素材というのもありますね。

ヨガマットとしても優秀なアイテムですので、ヨガをやる方にもお勧めですよ笑


コットを置いても車内は広々としています。

コットの下と右半分にスペースがあるので、たくさんの荷物を積めます。



車中泊で快適に寝れるオススメのアイテムまとめ


  1. Coleman(コールマン) コンバータコット
  2. IMPHY(インフィ) フォールディングヨガマット


Coleman(コールマン)コンバータコットがオススメの理由


  1. コットの下のスペースに荷物が置ける!
  2. エブリイバンの荷室にジャストフィット


IMPHY(インフィ)フォールディングヨガマットがオススメの理由


  1. コールマンのコンバータコットにジャストフィット
  2. 長時間寝ても体が痛くならない!
  3. 水洗い可能で、乾くのも早い!


今回は車中泊でも快適に寝れるオススメのアイテムを紹介しました。

コンバータコットはキャンプで使うものですし、ヨガマットは名前の通りヨガのためのアイテムです。

しかし良いアイテムは異なったシチュエーションでも活躍してしまうということが今回わかりました!

快適な軽バンライフを送りたい方には今回紹介したアイテムの組み合わせを自信を持ってオススメします!!



オマケです。

エブリイのフロントバンパーに色を入れて、顔を変えてみました。

バンパーの改造をすると雰囲気が一気に変わり、個性が出ました笑