【維持費の安い軽自動車で車中泊】ソロ車中泊は足を伸ばして寝れる軽バンがオススメ!


この記事はこんな方にオススメします!

  • 車中泊に興味のある方
  • 車中泊ビギナーの方
  • 軽自動車の維持費を知りたい方
  • 軽バン車中泊の快適な過ごし方を知りたい方
  • 軽バン(エブリイ)のサイズを知りたい方



ソロ車中泊するなら軽バンを選ぼう!


唐突ですが、皆さんは車中泊したことありますか?

私もつい最近、スズキのエブリイ(軽バン)で人生初の車中泊をしました!

「えっ、軽バンって軽自動車?」

「そもそも軽バンって普通の軽自動車と何が違うの?」

軽自動車と言って、一般的に想像するのは軽ワゴンじゃないでしょうか?

軽バンと軽ワゴンの違いは一般的に言われているのは、車内の後部座席がフラットになるかならないかです。

軽バンは後部座席がフラットになります。


暗くて分かりにくいですが、後部座席を収納して、専用のラゲージマットを被せた状態です。

限りなく水平に近いです。

軽バンは荷物をたくさん積めるので、配達の車としてよく使われていますね。

そして後部座席をフラットにすると、身長175cmの私でも足を伸ばして寝ることができます。

ちなみに軽ワゴンは後部座席がフラットにならない代わりに、座り心地の良いシートになっています。


※引用:スズキ公式ホームページ

スズキのエブリイのワゴンの後部座席の写真です。

一応、後部座席を倒すことはできますが、段差ができてしまいフラット(平坦・均一)とは言えません。



さらに軽バンは自動車税や車検費用が普通自動車に比べて安いです。

足を伸ばして寝ることができ、維持費の安いという理由で、軽バンを車中泊車としてオススメします。


ちなみに私の軽バンはスズキのエブリィです。

中古で購入したので、本体価格は40万円を切っています笑


エブリイバン(四駆・MT)は新車で120万円!


私のエブリイと同じ条件の新車をメーカーサイトに見積もりしてみると、120万円でした。

「中古は誰が使ってるか分からないから嫌。」

「事故車かもしれない。」

という方は新車もアリですね。


※引用:スズキ公式ホームページ


ちなみに私が買った中古のエブリイバンは4WDでMT車です。

オプションなしで見積りシュミレーションした結果、120万円でした。




世は空前のアウトドアブーム



現在は空前のアウトドアブームで、休日は海や山や川に出かける方も多いのではないでしょうか。

コロナをきっかけに外遊びする方が増えて、アウトドアブームに火がついた印象です。

キャンプ場は混んでいて、土日は特に予約が取りにくい状況のようです。

キャンプ経験のある方はご存知かと思いますが、キャンプの準備や片付けは大変です。

車からキャンプ道具を出してセッティングし、帰宅時にはササっと清掃して、車に収納します。

また毎週キャンプしているキャンプ玄人でなければ、準備や片付けに時間がかかるのではないでしょうか。

現在は文明の進歩により優れたキャンプ道具がたくさん発明されています。

テントも例外ではありません。

一気に開いて自立してしまうテントがあると、準備や片付けが楽チンです。

しかしテントは騒音、雨風、またセキュリティ面での不安があります。

音や雨風に関してはもちろんのことですが、夜中に物騒なことが起こりうることも考えられます。

最近のニュースでも見ましたが、女性のソロキャンプで、危険な思いをした方もいるようです。

私の場合は、夜中にテントで寝ていたら、野生動物が遊びに来たことがあります。


「キャンプは自然相手なんだから、野生動物を気にしてもしょうがないじゃないか!」

「音やセキュリティ面での快適性を求めるなら、テントではなくコテージやバンガローに泊まるべきでだ。」

と言う声が聞こえてきそうですが、やっぱり怖い思いはしたくありません。

また前述したように昨今のアウトドアブームでコテージなどは予約が取れにくい状況です。

「ではどうすれば?」

私は車中泊をオススメします。

なぜなら予約不要のフリースペースのあるオートキャンプ場に車で行って、キャンプを楽しみ、ササっと車中泊すれば、セキュリティ万全のキャンプが楽しめるからです。

オートキャンプ場の車中泊なら夜も熟睡できると思います。



車中泊で軽バンを選ぶ理由


「ちょっと待って!」

「たしかに予約不要でフリースペースのあるオートキャンプ場に車中泊するのは良い考えだけど、軽バンを選ぶ理由は?」

「ハイエースほどの広さは求めないけど、軽バンは車内が狭そう。」

おしゃる通りです。

しかしソロ車中泊であれば、軽バンの広さで十分だと思います。

また軽バンは普通車より維持費が安いです。


軽バンは普通車と比べて維持費が安い


まずは軽自動車を所有すると1年で必ずかかる費用をまとめました。


  • 自動車税 = 10,800円(毎年4月1日に請求される。)
  • 車検費用 = 約30,000(軽自動車は2年に1回の車検義務があり、6,0000円として考える。)
  • 任意保険 = 約35,000(一般的な軽自動車の年間保険料を35,000円として考えた。)


ざっと見積もって、最低でも8万円近くは掛かってきそうです。

自動車税は一律10800円ですが、車検費用・任意保険料は車やオーナーの等級で変わります。


それでは各項目について、解説していきます。


1.自動車税


軽自動車の自動車税は毎年4月1日に10,800円支払います。(2022年2月現在)

軽自動車は一律この金額です。

軽自動車以外の自家用車は排気量により自動車税が変わります。

総排気量が1.0L以下の場合は25,000円です。(新車登録が2019年10月1日以降)


この1.0L以下というのは普通自動車の総排気量で一番低い範囲となります。

ちなみにトヨタ車で言うとヤリス、ライズ、ルーミーなどがこの1.0L以下の総排気量の車種にあたります。

このことから普通自家用車の総排気量が一番低い範囲の車種と比べても、1年で最低でも14,200円の差となります。


2.車検


軽自動車の車検費用は一般的に60,000円前後と言われています。

軽自動車の車検は2年に1回受けることになるので、1年に換算すると30,000円かかります。

もちろん普通自家用車と比べても安いです。


ちなみに車屋さんに車検を依頼した場合、法定費用・車検基本料・整備費用がかかってきます。


  1. 自動車重量税
  2. 自賠責保険
  3. 印紙代
  4. 24ヶ月点検基本料金
  5. 整備費用
  6. 継続検査料
  7. 手続き代行料


上記の各項目で最低でも約6万円はかかります。また、ここに交換部品費用が加わります。



3.任意保険


所有者が任意で加入する自動車保険です。

加入者の等級や条件により変わりますが、一般的に軽自動車の年間保険料は35,000円前後になります。


車検・保険以外で軽自動車にかかる維持費


  • ガソリン代 = 約113,000円(燃費15km/1L、ガソリン代170円/1L、走行距離10000kmの場合)
  • メンテナンス費用(エンジンオイルやタイヤ交換など)
  • 高速道路料金
  • 駐車場代(地域によって、また屋根付きなどで価格が変わる。)
  • 任意車両保険(もしくは事故が起きて車が壊れてしまった場合の修理費用)


ガソリンは2022年に入り、1Lあたり170円の大台を突破しました。

車種や車載状況などにより燃費は変わるので単純比較はできませんが、軽自動車の燃費を15km/1L前後と考えます。

休日のみの移動であれば、遠方まで遊びに行っても年間10000kmは超えないと思います。

上記の条件で計算すると、ガソリン代は約113,000円になります。

またオイル交換は半年に1回の交換が推奨されています。

遠征するのであれば高速料金も入ってきます。

マストでかかる維持費と合計すると、1年に20万円近くはかかりそうです。

人によってはここに駐車場代や任意車両保険も加わります。

軽自動車で1年に約20万円かかるので、普通自動車の場合は確実に20万円以上かかってきます。



成人男性でも車内で足を伸ばして寝れる


軽バンは成人男性が足を伸ばして寝れるほどのスペースがあり、天井も高いです。

ソロであれば余裕で車中泊できる広さなのです。

ちなみに私が車中泊車に選んだスズキエブリイのバンの広さは、後部座席を倒してフラットな状態にすると、荷室の床面の長さは1,955mmです。


引用:スズキ公式ホームページ



メジャーリーガー大谷翔平選手でも足を伸ばして寝れるのです!

大谷選手の推定身長が193cm(1,930mm)なので、数値上はいけます。

また車室の高さは1,240mmです。

さすがに立つことはできませんが、大谷選手でも膝立ちで天井に頭はつかないでしょう!



参考として成人男性がコットの上に横になっている写真です。

友人に手伝ってもらいました笑

私はラゲージマットの上は凸凹していて寝心地が悪いので、コットを使っていました。


ソロ車中泊するなら軽バンを選ぼう!


ソロ車中泊するなら軽バンがオススメです!


  • 普通自動車に比べて、維持費が安い(最低でも約20万円)
  • 成人男性でも足を伸ばして寝れるスペースがある。(数値上は193cmの大谷選手でも大丈夫。助手席を倒せば264cmまでオッケーです。)


「普通自動車より維持費が安いとはいえ、20万円+本体費用はかなりの痛手だからなぁ…」

とお考えの方がいるかと思います。

そんな方はまずはレンタカーで車中泊してみましょう!

レンタカー各社はバンタイプの車の貸し出しをしています。

気になる料金はタイムズレンタカーの場合、

軽バンの24時間の通常料金は7,700円

まずはお試しでレンタカーのソロ車中泊をしてみてはいかがでしょうか。