【アイリスオーヤマのリンサークリーナー】車内の天井汚れがゴッソリ取れる

この記事はこんな方にオススメします!

  • 車内の天井を綺麗にする方法を知りたい方
  • 車内の天井用のクリーナーを探している方
  • アイリスオーヤマのリンサークリーナーについて知りたい方


意外と見落としがちな車内の天井汚れ


車内の天井が意外と汚れていることに気づいていますか?

新車でも、数年使っていると意外と汚れていたりします。

運転中に車内の天井を見上げる機会も少ないと思うので、汚れていても気付きにくいですが、ぜひ愛車の天井を見てみてください。

また、汚れに気づいていても掃除するのが後回しになっていたり、除菌シートで適当に擦って、掃除した気になっていませんか?


スズキ公式ホームページから引用


ヘッドライナー・ルーフライニングはウレタン素材

車内の天井には、ルーフライニングやヘッドライナーという名前があるようです。

またヘッドライナーは車検の基準により難燃性の素材でないといけないようです。

ちなみにヘッドライナーはウレタン素材です。

このウレタン素材がやっかいで、汚れがつくとなかなか落ちません。

ティッシュや除菌シートで擦っても、汚れが伸びただけという方もいるかと思います。

私の場合は、中古で購入した車のヘッドライナーが相当汚れていました。

汚れ以上に、タバコや前オーナーの独特な臭いが気になっていたので、いっそのことヘッドライニングを新品に張り替えることも考えましたが、ひとまず掃除してみることにしました。


写真だと分かりにくいですが、元々は白に近い色ですが、グレーっぽくなっています。

車を引き取った際からタバコの臭いが酷かったです。

とにかく汚れも臭いも一掃して、クリーンな車内にしたいです笑


アイリスオーヤマのリンサークリーナー

調べてみると、汚れや臭いがゴリゴリ取れて、お値段もリーズナブルと評判のクリーナーを発見しました。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーです。

リンサークリーナーとは、水を吹き付けて汚れを浮かし、その汚れた水を吸い込むことで綺麗にする洗浄機です。

基本的に拭き掃除で汚れが落ちないような布製品などに使用します。

正直、TVにも取り上げられていたので気になってはいました。

価格は他メーカーのリンサークリーナーに比べて、一桁変わるくらい安いです。

さすがアイリスオーヤマですね笑

最悪、ヘッドライナーの汚れが落ちなくても、ソファなどのインテリアアイテムにも使えると思い、まずは購入してみることにしました。




アイリスオーヤマのリンサークリーナーは2種類

現在、アイリスオーヤマの公式サイトでは、RNS-300とRNS-P10-Wの2種類がラインナップされています。

RNS-300を改良したのがRNS-P10-Wで、値段は5000円程上がります。

この2種類の違いは主にタンクの容量・ノズルの形・稼働音の3つです。

RNS-P10-Wはタンクの容量が1L以上、ブラシ付きとT型の2種類のノズルが付属、稼働音が10dbといった感じです。

私の場合はとりあえずお試しで使用してみるという具合だったので、値段の安いRNS-300にしました。




リンサークリーナーを使う際の工夫点

早速リンサークリーナーを購入して、ヘッドライナーを掃除してみました。

水を吹き付ける用のタンクがノズルに付いています。

このタンクに水を入れて、水と汚れを吸引していきますが、水だけでは汚れがそこまで取れなかったので、工夫を凝らしてみました。

1つ目の工夫は熱湯を使うことです。

お風呂を高温の水で掃除した経験のある方は分かるかと思いますが、黒ずみ汚れがシャワーの水圧だけで取れますよね。

40度程度のお湯では汚れは取れませんが、熱湯にすることで汚れが取れるのです。

しかしリンサークリーナーは、40度までの水温しか使用できないという縛りがあります。

40度以上のお湯をタンクに入れてしまうと、リンサークリーナーが壊れる恐れがあるということです。

壊れるの覚悟で50度程度の熱湯を使って、汚れを吸引することにしました。

2つ目の工夫は掃除用の洗浄アイテムを併用することです。

私はウタマロクリーナー(泡タイプ)を使いました。

ウタマロクリーナーには普段からお世話になっているので、多大なる信頼があります笑




アイリスオーヤマのリンサークリーナーの清掃能力

まずは清掃箇所にウタマロクリーナーを吹きかけて、その上から熱湯を吹き付け、リンサークリーナーで泡と熱湯を吸引していきます。

ウタマロクリーナー、熱湯、リンサークリーナーの吸引力が合わさり、見事に汚れが取れていきます。


本体のタンクに黒く汚れた泡が溜まっていってます。

タンクが泡と水で満たされたら、タンクを洗浄するタイミングです。

そしてリンサーで汚れを吸引して、タンクに泡と水が溜まったら洗浄してをひたすら繰り返しました。

掃除したタイミングが真夏だったので、車中がサウナ状態になり、しんどかったです笑


ダッシュボードなどを一旦外して、ヘッドライナーを一気に掃除しました。

掃除前の写真とアングルが違うので分かりづらいですが、汚れと臭いがほとんど落ちました。

アイリスオーヤマのリンサークリーナー、評判通りの清掃能力です笑


アイリスオーヤマのリンサークリーナーのデメリット


  • 稼働音が騒音レベルで気になる点
  • タンクの清掃が面倒な点
  • コンセント電源がないと使用できない点


とにかく稼働音が気になります。

下手したら騒音問題に発展するレベルです笑

正直、音が気になって日中しか使用できないです。

改良版のRNS-P10-Wの稼働音は10dbと、いくらかマシになっているようなので、稼働音を気にする方はRNS-P10-Wをオススメします。

タンクの清掃に関しては、RNS-P10-Wが1Lの大容量なので清掃回数は少なくなりますが、その分、本体重量が増して、持ち運びが大変になります。この点に関してはメリットでもあり、デメリットでもあります。

またコンセント電源で稼働するので、車内で使用するなら、携帯用の電源バッテリーが必要となります。

駐車場に電源がある環境であれば、延長コードで事足りますが、電源のことも頭に入れておいた方が良いですね。


アイリスオーヤマのリンサークリーナーは素晴らしい

デメリットもありますが、清掃能力は大満足のレベルです。

まさかヘッドライナーから汚れと臭いが一掃されるとは思いませんでした笑

能力もさることながら、リーズナブルな価格が素晴らしいです。

ケルヒャーのリンサークリーナーとの価格差は数万にも上ります。

もちろんケルヒャーのクリーナーは価格が高い分、機能や能力も良いとは思いますが、低価格でリンサークリーナーを販売できるのは、アイリスオーヤマさんの企業努力でしかありません。

車内清掃以外にも布素材のソファやカーペットなどにも使用できるのでオススメです。

私はヘッドライナーを清掃し、クリーンになった車内で車中泊しました。

車内からタバコや前オーナーの独特の臭いが一掃され、気持ちよく眠れました。

リンサークリーナー、購入して本当に良かったです。


関連記事

この記事はこんな方にオススメします! 車中泊に興味のある方車中泊ビギナーの方車中泊してみたいけど、何から始めれば良いか分からない方軽バン車中泊について知りたい方エブリイバンでの車中泊に興味のある方 […]