【タイムズカーシェアまとめ記事】これを読めば、あなたもタイムズカーシェアマスター!


目次

この記事はこんな方にオススメします!

  • タイムズカーシェアの特徴と料金について知りたい方
  • タイムズカーシェアの補償制度と安心補償サービスについて知りたい方
  • タイムズカーシェアのお得な入会方法について知りたい方
  • タイムズカーシェアの予約方法と利用の流れについて知りたい方
  • タイムズカーシェアの月額無料になるTCPプログラムについて知りたい方
  • タイムズカーシェアのアプリ解施錠機能について知りたい方
  • タイムズカーシェアのアプリ解施錠機能の使い方を知りたい方


はじめにカーシェアとは?


言葉の通り、カー(車)をシェア(共有)するサービスです。

カーシェアのサービスに登録した会員が特定の車を会員間で共有するサービスです。

近年は車の販売価格・車税・ガソリン代の高騰からクルマ離れが起きています。

電車やバスなどの交通の便が不自由な地域に住む方にとって車やバイクは必要不可欠な通勤手段です。

また移動手段として車が必須な仕事もあります。

しかし都市圏に住み、通勤で使用しない方にとって、車やバイクを個人で保有するのは休日の趣味や娯楽に過ぎません。

このことから最近はカーシェアの登録者数が格段に伸びています。



タイムズカーシェアとは


タイムズカーシェアとはタイムズ24が展開するサービスです。

タイムズは時間貸し・月極貸しの駐車場ビジネスで有名になった会社です。

レンタカーも有名ですが、カーシェアに関してはタイムズの一強と言っても過言ではありません。


タイムズカーシェアの特徴


  • タイムズカーシェアのサイト上で利用可能な車を24時間いつでも乗れる。
  • タイムズカーシェアのサイト上で利用可能な車は日本全国に存在する。
  • タイムズカーシェアのサイト上で利用可能な車を予約した3分後には乗れる。
  • 利用時のガソリン代は料金に含まれている。
  • 返却前にガソリンを入れる必要がない。
  • 各補償が料金に含まれている。
  • 毎利用時に330円で安心補償サービスに加入できる。
  • 基本は15分単位で料金が発生する。
  • WEB上で予約し、会員カードかスマートフォンを使って、車を利用する。


タイムズカーシェアとレンタカーの違い


  1. 基本は15分毎に利用料が発生する。※複数時間利用のパック料金もある。
  2. 店頭で説明を受け、鍵や車を借りる必要がない。
  3. ネット上で予約し、24時間いつでも使用と返却が可能
  4. ガソリンを入れて返却する必要がない。


大きな違いは上記の4つとなります。

カーシェアであれば、レンタカー屋に行き、長々と説明を受けたり、同意書に記入したりするストレスがありません。

またレンタカー屋に営業時間内に車を返却しなればならないという、時間的制約もありません。

カーシェアであれば、ガソリンを入れずに返却できるので大変楽です。

このことから休日の買い物などの移動手段としてレンタカーを利用している方は、カーシェアに入会するのをオススメします。



タイムズカーシェアの料金まとめ


  • カード発行手数料は1650円(法人プランの場合、660円)
  • 月額料金は個人・家族プランで880円(法人・学生プランは無料)
  • 個人・家族プランの場合、毎月の利用額から880円引かれる。
  • 15分毎の時間料金
  • 車のクラス毎で利用料が変動する。ベーシッククラスの場合は15分毎に220円
  • 最大料金が設定されている。
  • 6時間以上の利用で16円/kmの距離料金が発生する。
  • 無断延長となった場合、延長利用した時間の料金が2倍になる。ベーシックの場合、15分毎で440円




タイムズカーシェアは6時間までの利用なら最大料金は4290円


タイムズカーシェアの特徴や料金体系を論ってきました。

カーシェアを長時間利用する場合、レンタカーと比べると、料金面でのメリットが少ないです。

しかし6時間以内の利用であれば距離料金が発生しません。またガソリン代や最低限の保険補償も利用料金に含まれることから、レンタカーと比べて安い金額で利用できます。

例えばベーシッククラスの車両を利用して、5時間59分以内で返却した場合にかかってくる料金は、

最大時間料金(6時間)4290円のみです。


安心補償サービスの加入は任意ですが、個人的には毎回の利用で必ず安心補償サービスに加入することをオススメします。

最大時間料金(6時間)4290円に安心補償サービス料330円を加えると、合計4620円です。

4620円であれば、格安レンタカーと比べても料金に大差ありません。

格安レンタカーで有名なニコニコレンタカーの場合、最安のアプリ会員価格で軽自動車を6時間まで利用すると料金は2200円です。

カーシェアと同条件にするために、免責補償プラスの1650円とカーナビ代550円(カーナビ標準装備の車両は自動加算される。)を加えます。

さらにガソリン代320円(燃費15km/L・ガソリン料金160円/L・走行距離30kmと仮定する。)を加えると、合計4720円です。

カーシェア6時間以内の利用料金との差は100円です。

格安レンタカーの料金と比較したので、他のレンタカー会社であれば、もう少し差が生まれるかと思います。

またカーシェアの場合、レンタカーのように車を借りる際の煩わしい手続きがないので、6時間以内のちょっとしたお出かけであれば、タイムズカーシェアの利用をオススメします。




タイムズカーシェアの補償制度


  • 対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/ 1名につき無制限(自賠責保険の3千万円を含む)
  • 対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/ 1事故につき無制限(対物免責額0円)
  • 車両補償(タイムズカーの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき時価額(車両免責額 0円)
  • 人身傷害補償(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)/1名につき無制限
  • 搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償。(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施。) ※搭乗者傷害は付保されていない。


基本的な補償内容をカバーしています。

また上記の基本的な補償内容はカーシェアの利用料金に含まれています。

カーシェア利用者が事故を起こした場合、規約・約款に従った利用であれば、基本的に利用者がお金を請求されることはありません。

次に説明する「補償が適用されない場合の例」に注意してください。


保険・補償が適用できない例



レンタカーと同じように借主以外が車を運転する場合は、あらかじめ申請する必要があります。

ちなみにタイムズカーシェア会員であれば、借主以外でも運転可能です。


利用者が予約時に借主以外の方の会員番号を入力すると、その会員も運転可能となります。


また貸渡約款に違反があった場合も補償が適用されません。

貸渡約款をご確認ください。

https://share.timescar.jp/contract.html



NOC(ノンオペレーションチャージ)

NOCとは「ノン・オペレーション・チャージ」の略です。

利用者の不注意により、カーシェアを利用した車両が事故・故障・汚損を起こしてしまった場合、その車両を修理・メンテナンスするための営業に使用できなくなる期間の営業補償料のことです。

その車両を修理・メンテナンスしてなければ、本来カーシェアの利用者がいたはずの期間があり、その期間の損害分を利用者はNOCとして支払わなければなりません。

このNOCは、車両保険や免責補償のように対人事故や対物事故を起こした場合の損害補償とは異なるものです。

  • 会員が利用中に起こした事故や、会員の過失等により、車両に損害(汚損等含む)を与えた場合
  • 会員の利用方法に起因して、車両(車内・外を問わない)の損害又は忘れ物の有無等を確認した場合
  • その他、会員の利用方法に起因して、車両のサービスを停止する必要が生じた場合


上記の条件を満たした場合、各々の項目に応じた補償金額(NOC)を会員が負担することとなります。

条件を満たした場合、保険・補償の適用を受けない車両の損害については、休業損害と修理に掛かる実費がかかります。

下記が各々の項目毎の負担額です。



事故によりロードサービスが出動した場合は一律27500円が請求されるようです。

思わぬトラブルにより、NOC(ノンオペレーションチャージ)を負担したくないので、毎回の利用の際は安心補償サービスに加入しましょう。



安心補償サービスとは


安心補償サービスに加入した場合は、事故時のNOC、タイヤの実費に加え、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用が免除となります。

利用開始後の加入・取り消しはできません。

安心補償サービスの加入料金は利用毎に330円です。



上記以外の過失(汚損/キー紛失/混油/車両内破損)の場合はNOCがかかってきます。

安心補償サービスに加入しても、汚損・キー紛失・混油・車両内破損にだけは注意して、カーシェアを利用しましょう。

また元々の利用料金に含まれている基本的な補償制度と同様に、安心補償サービスに加入していても、適用されない場合があります。

安心補償サービスが適用されない場合についても先程の保険・補償が適用できない例をご参考ください。



タイムズカーシェアの補償制度まとめ


  • 基本的な補償内容はカバーしている。
  • 補償内容は利用料に含まれている。
  • 貸渡約款に反していた場合は補償は適用されない。
  • 補償や安心補償が適用されない例がある。
  • ノンオペレーションチャージは項目毎で負担額が違う。
  • 安心補償サービスは330円で加入可能。
  • 安心補償サービスに加入すると、事故時のNOC、タイヤの実費に加え、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用がかからない。
  • 放置違反駐車した場合、会員取消となり、相当額が請求される。



毎回の330円をケチらず、安心補償サービスに加入しましょう!


タイムズカーシェアの補償内容は基本的に各社レンタカーと同じ内容か近い内容です。

また思わぬトラブルによるNOC(ノンオペレーションチャージ)を負担しないためにも、毎回の利用の際は安心補償サービスに加入しましょう。


今後カーシェアを何回利用するか分かりませんが、毎回の利用で330円、100回利用して33,000円です。

仮に事故を起こして、車両が自走不能となった場合のNOCは5万円です。

「100回だろうが、1000回だろうが、何回運転しても事故を起こさない自信がある。」という方でも思わぬトラブルは起こり得ますので、カーシェア利用の際はしっかり安心補償サービスに加入しましょう。




タイムズカーシェアの5つの入会方法



スグ乗り入会


2022年春から新たに登場した入会方法です。

入会手続きから利用開始までWebで完結できます。

アプリ解施錠機能を利用登録すれば、入会完了後にカードの到着を待たずに利用可能です。

スグ乗り入会の場合、カード発行手数料の1650円が無料となります。



※2022年7月14日現在、手続き時の対応はスムーズですが、大型連休に近づくと、受付を停止してしまう傾向にあるので、早めに入会しておきましょう。


クイック入会


ウェブで基本情報を登録後、店舗で会員カードを受け取ります。店舗での手続きや説明は簡単に済み、手続きが完了した日から利用可能です。

現在はクイック入会の場合、カード発行手数料の1650円が無料となります。

お近くに店舗がある方はクイック入会をオススメします。

入会可能店舗一覧をご参考ください。

https://share.timescar.jp/view/site/list.jsp



インターネット入会


入会手続きをすべてウェブで完結させる入会方法です。

店舗まで足を運ばずに自宅で入会可能です。

必要書類を受領後、最短5営業日で会員カードが発送されます。

自宅で入会から会員カードの受け取りができるのがメリットです。

デメリットはカード発行手数料の1650円が発生することです。



カーシェア説明会


カーシェアの使い方が詳しく聞ける説明会で入会手続きができます。

ちなみにカーシェア説明会での入会もカード発行手数料の1650円が無料となります。



無人入会機


事前登録済みなら最短3分で入会完了できる非対面式の入会方法です。

24時間営業の無人入会機もあります。

ちなみに無人入会機での入会もカード発行手数料の1650円が無料となります。



タイムズカーシェアをお得にすぐに利用したい方はスグ乗り入会かクイック入会か無人入会機


お好きな方法で入会できますが、スグ乗り入会・クイック入会・無人入会機の場合は申込後、当日でもカードを受け取れます。

さらに現在はカード発行手数料が無料なので、早めに入会しておくのをオススメします。

ちなみに私はクイック入会で近くの店舗に直接受け取りに行きました。




タイムズカーシェアの予約方法


タイムズカーシェアのサイトにログインして、右上の「予約・マイページ」をクリックし、マイページトップに飛びます。

次に上部のメニュー画面の「予約・ステーション検索」をクリックします。


検索画面が出てきました。

私の場合は「駅名から探す」に自分の最寄駅を入力し、予約可能車を探しています。



神田駅で検索しました。

神田駅からの距離順で車両情報が表示されました。

プレミアステージ内神田の「ミドル/フリード」が長い時間利用できそうなので予約してみます。

このミドルというのはミドルクラスのことで15分で330円の料金が発生します。

フリードは車種名です。



左側の予約入力エリアをご確認ください。

料金プラン選択は時間料金

利用開始日時は22時30分

返却予定日時は23時00分

「安心補償サービス」の加入するにもチェックを入れましょう!




登録内容を確認し、問題なければ予約確定をクリックして予約完了します。

予約登録が完了すると、タームズカーシェアに登録した自分のメールアドレスに予約内容が記載されたメールが届きます。


タイムズカーシェアの車両の利用方法



車の予約後の動きとしては、まず車両の置いてあるポイントに行きます

22時30分で予約したので、15分前の22時15分以降は車を使用できます。

予約したフリードを確認し、車両に取り付けられたカード読み取り機に会員カードをかざします。



車両のリアウィンドウかリアサイドウィンドウにカード読み取り機があります。

カード読み取り機が赤く光っていたら、カードをかざしてOKです。

ドアロックを解除したら、助手席のグローブボックス内の機械からキーを抜きます。

キーを抜くとナビが喋り出すので、エンジンを入れることができます。

ミラーを調整し、いざ出発!

「ストップ!」

忘れていることがあります。



車両の前に置いてあるスタンド看板をずらします。

車の発進後に再びスタンド看板を元の位置に戻しましょう。



タイムズのゲート式ステーションの駐車場の場合、運転席の上のボードに駐車パスカードがあります。

駐車券ばりに機械にパスカードを差し込むとゲートが開きますので、出発です。



タイムズカーシェアの返却方法


予約時間内が来たら、元の駐車場所に車両を返却しましょう。

返却時にバタバタして、無断延長になるのも面倒なので、余裕を持って借りた場所に戻ってきましょう。

先程と同じ要領でゲート式ステーションを進み、スタンド看板をずらして、車を駐車します。

駐車できたら、車内に忘れ物がないかを確認し、問題なければ、グローブボックス内の機械にキーのキーホルダー部を挿入します。

ナビが返却についてのフレーズを喋り出したらOKです。

カード読み取り機に会員カードをかざしたら返却完了です。

念のため、登録したメールアドレスに返却確認のメールが来ているかを確認します。

メールには今回利用した請求額も記載されています。

しかし現時点での請求額なので確定ではありません。

次の月になったら利用額が確定するので、改めてマイページから利用額を確認しましょう。


タイムズカーシェアの予約方法・車両の利用方法・返却方法まとめ


  1. スマホはブラウザかタイムズカーアプリから予約可能
  2. PCの場合はブラウザから予約可能
  3. カーシェアのサイト・アプリにログイン
  4. 「ステーションを探す」内の5項目から空き車両の検索
  5. 検索結果に表示された車両情報の確認(利用時間・車両スペック)
  6. 利用開始日時・返却予定日時を指定して予約登録
  7. 利用開始時間が来たら、車両のリアサイドかリアにあるカード読み取り機に会員カードをかざし、ドアロックの解除
  8. 助手席のグローブボックス内のキーを抜き、エンジンをかけたら運転可能
  9. 車両の前に置いてあるスタンドの移動
  10. 返却時間が近づいたら、車両を元の場所に駐車
  11. 車両内に忘れ物がないかをチェックし、カード読み取り機に会員カードをかざすとロックがかかり、車両の返却が完了
  12. 念のため返却完了メールの確認


タイムズカーシェアを初回利用時は慣れていないので戸惑う


タイムズカーシェアの予約方法・車両の利用・返却方法について解説しました。

事前に使い方を確認しても、実際に利用した時によく分からなくなったりします。

最初は戸惑いますが、2回目からは要領が分かりスムーズになってきます。

くれぐれも焦って事故を起こしたり、車の機材を壊したりしないように気をつけてカーシェアを利用しましょう。

ドライブデートで初めてカーシェアを利用する方は事前に現地に行って利用する車両を確認したり、シュミレーションしておくのをオススメします。




TCPプログラムとは


まずタイムズカーの利用状況によってカーシェアポイント(cp)とTCPあんぜん走行距離がたまります。

そして毎月末までにたまった「カーシェアポイント(cp)」と「TCPあんぜん走行距離(ステージ4のみ)」によって、翌月のステージが決定します。

このたまったポイントによりステージが上がっていくシステムがTCPプログラムです。

ステージ4に上がるにはカーシェアを何度も利用する必要があるので、基本は「カーシェアポイント(cp)」によりステージが決定すると言っていいでしょう。

入会時はステージ1(0cp)からスタートします。




ステージが上がるとどんな特典がある?


ステージが上がるとどんな特典が受けられるかというと、分かりやすい表が公式HPに載っていました。



ステージ2とステージ3に到達した際に、カーシェアeチケット(30分)がもらえます(初回のみ)。

月をまたいでの利用の場合、返却時の月のステージの特典内容となります。

ステージ2以上で月額基本料金が無料になります。


カーシェアポイントのため方


ステージによってポイントのため方は変わってきます。

ちなみにポイントの有効期限は13ヶ月間です。




ポイントがマイナスになるメニュー



合計ポイントがマイナスになってしまった方はタイムズカー検定を0Pに復活


利用時の内容によってはCPがマイナスされることもあるので気をつけてください。

普通に利用していれば、気づいたらポイントが貯まっています笑

タイムズカーシェアを始めたら、ますはステージ2を目指して、月額基本料金を無料にしましょう。



TCPプログラムまとめ


  • タイムズカーの利用状況によってカーシェアポイント(cp)とTCPあんぜん走行距離がたまる。
  • 毎月末までにたまった「カーシェアポイント(cp)」と「TCPあんぜん走行距離(ステージ4のみ)」によって、翌月のステージが決定する。
  • ステージ4に上がるにはカーシェアを何度も利用する必要があるので、基本は「カーシェアポイント(cp)」によりステージが決定する。
  • ステージ2とステージ3に到達した際に、カーシェアeチケット(30分)がもらえる(初回のみ)。
  • ステージ2以上で月額基本料金が無料になる。
  • ポイントの有効期限は13ヶ月間
  • 6つのメニューによりポイントがたまる。
  • ポイントがマイナスになる4つのメニューに注意


利用中の予約延長をしたり、事故を起こしたりしない限りはポイントが減ることはありません。

急加速発進に気をつけ、安全運転でカーシェアの利用を重ねれば、ポイントは貯まっていき、自然とステージが上がっていきます。

コンスタントにカーシェアを利用する方であれば、利用開始してからの1,2ヶ月で一気にステージ2に上げて、月額を無料にするのがオススメです。




タイムズカーシェアのアプリ解施錠機能


会員カードの代わりに、タイムズカーアプリでクルマの利用開始時の解錠・返却時の施錠ができる機能です。



2022年7月14日現在は法人会員、Andoroidもアプリ解施錠機能が利用可能です。



スマートフォンの位置情報をONにしておくことを忘れないようにしましょう。

また電波が悪く、アプリ解施錠機能が使用できない場合や、スマートフォンの充電が無くなったり、調子が悪くなった時のことを考慮し、会員カードは携帯しておきましょう。



アプリ解施錠機能の利用登録の仕方


スマートフォンでタイムズカーのアプリをダウンロード後、ログインしてトップ画面の右下のその他を押します。



この画面になるので、右上の設定を押します。



アプリ設定が出てくので、アプリ解施錠機能を押し、利用登録ができます。



アプリ解施錠利用登録が完了しました。



アプリ解施錠機能まとめ


  1. アプリ解施錠機能とは会員カードの代わりに、タイムズカーアプリでクルマの利用開始時の解錠・返却時の施錠ができる機能
  2. タイムズカーアプリのトップ画面右下の「その他」を押す。
  3. 次に表示された画面の右上の「設定」を押す。
  4. 「アプリ解施錠機能」を押して、登録する。
  5. 「アプリ解施錠機能」でクルマの解施錠をする場合でも会員カードを携帯することに注意




タイムズカーシェアのアプリ解施錠機能の使い方


タイムズカーシェアアプリで予約


まずはタイムズカーのアプリを使い、予約します。



予約を受付けました。という画面になるので、これで予約完了です。



アプリで利用手続き


カーシェアの利用時間になったら、アプリの画面の左上に青枠白文字の「利用可能」が表示されるので、「利用手続きへ」を押します。



「利用手続きへ」を押すと、予約していた車が解施錠される音が聞こえます。



赤い信号が消えれば、ドアのロックが解除された状態なので、ドアを開けて車内に入れます。

また利用前はカード読み切り機の赤い信号が点滅していますが、解施錠されると、赤い信号が消えます。


アプリで返却手続き


利用後は元の駐車場に車を戻し、エンジンを切って、車のキーを助手席のグローブボックス内の機械に差し込みます。



「ご利用ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。」とナビディスプレイに表示されます。

忘れ物がないかチェックし、車から出てドアを閉めます。



まだ返却は完了していないので、左上のオレンジ枠白文字の「利用中」が表示されています。

「返却手続きへ」を押します。



①ETCカードの取り忘れ ②ライトの消し忘れ・窓の閉め忘れ ③車の外に出てドアを閉めた状態 をしっかり確認して、「返却(施錠)」を押します。



左上にグレー枠白文字で「返却済み」と表示されています。

これで返却完了です。

返却後1時間以内であれば、「忘れ物施錠」を利用することができます。

ただし次の予約が入っている場合は「忘れ物施錠」を利用できませんのでご注意ください。


タイムズカーシェアのアプリ解施錠機能の使い方まとめ


  • タイムズカーシェアアプリで車を予約する。
  • 利用時間になったらアプリで「利用手続きへ」を押して、車を解施錠する。
  • 利用後は注意点を確認し、「返却手続きへ」を押して、車を返却(施錠)する。
  • 忘れ物をしてしまった場合は1時間以内であれば一度のみ、忘れ物解錠が使用できる。



まとめ:タイムズカーシェアのオススメポイント


  1. 車が空いていれば、24時間予約・利用・返却が可能。
  2. ガソリン代は元々の利用料金に含まれている。
  3. 返却前にガソリンを給油する必要がない。
  4. むしろガソリンを給油すると、利用料から値引きしてくれる。
  5. 車の予約・利用・返却がスマートフォンのみで完結できる。
  6. レンタカーのように店舗に行って、書類を書いたり、支払いしたりする手間がない。
  7. 15分単位の時間料金なので、チョイ乗りができる。
  8. 月額基本料は880円だが、毎月利用料から880円引かれるので、利用すれば実質、月額0円。
  9. 6時間以内の利用であれば、16円/kmの距離料金が発生しない。
  10. 330円で安心補償サービスに加入できる。
  11. 基本的に会員カード発行料は無料。
  12. TCPプログラムでステージ2に上がれば、月額基本料0円。


タイムズカーシェアについてのまとめです。

結論を言うと、タイムズカーシェアは6時間以内の利用がコスパ最高です。

なぜなら16円/kmの距離料金が発生しないからです。

これはどこのレンタカーよりも安い利用金額だと思います。

また3年間、コンスタントにタイムズカーシェアを利用した私としては、ガソリンの給油が不要で、予約・利用・返却・時間延長がスマートフォンで行えるという点でレンタカーに比べて、手間やストレスが少なく便利なサービスだと思いました。

カーシェアで遠出する場合は距離料金が発生し、格安レンタカーより高い利用料になる可能性がありますが、レンタカーはさらにガソリン代がかかるので、最終的にはそこまで大差ないとも考えます。

頻繁に6時間以内のレンタカー利用をしているという方は、圧倒的にタイムズカーシェアの方がお得なのでオススメです!



入会キャンペーンで、カード発行手数料0円・基本料金2ヶ月0円


2022年7月14日現在、入会キャンペーンによりカード発行手数料と月額基本料金が2ヶ月無料です。



特典1:月額基本料金(880円)→2カ月0円

特典2:カード発行手数料(1,650円)→0円

キャンペーン期間は2022年7月1日 〜 2022年10月31日

キャンペーン中にタイムズカーシェアに入会するのをオススメします!


お友達紹介キャンペーンで入会すると、60分チケットが2枚もらえる!



紹介者への特典:60分eチケット2枚 + 30カーシェアポイント

入会者への特典:60分eチケット2枚

キャンペーン期間は2022年7月1日 〜 2022年10月31日





ちなみに紹介なしで入会した場合は、60分eチケットが1枚もらえます。

正直、60分のチケットが1枚もらえるか、2枚もらえるかだけの違いです。

このキャンペーンを利用したいという方は入会手続き時に紹介者コードという項目があるので、10桁の数字「0011261576」を入力して手続き完了すれば、eチケットが2枚もらえます。

ちなみにこの10ケタの数字は私のタイムズカーシェアのIC管理番号であり、紹介者コードとなります。

私は自家用車を持っていて、カーシェアを利用する機会がほぼないので、たくさんのeチケットの期限を切らしてしまっている状態です笑

正直、eチケットもカーシェアポイントもこれ以上は必要ないのですが、記事を読んでくれたという感謝の気持ちで、紹介者コードを公開していますので、ぜひご利用ください。

私の友達紹介で入会した場合、紹介者である私と新規入会者の方の間で、お互いに個人情報が伝わってしまうということもないので、純粋に60分のチケットが2枚欲しいという方のみ利用していただければと思います。

何か不安を感じるという方は、家族や友達にタイムズカーシェア会員の方がいるかを確認して、紹介者コードを聞き、60分チケットを2枚ゲットしましょう!