【車中泊スポットの探し方】快適に車中泊したいなら道の駅がオススメ!


この記事はこんな方にオススメします!

  • 車中泊に興味のある方
  • 車中泊ビギナーの方
  • バンライフを楽しみたい方
  • 車中泊スポットの探し方を知りたい方



車中泊スポットとは


「車中泊と言ってもどこで寝泊まりしたらいいの?」

初めて車中泊する方は悩みますよね。

車中泊できる場所は決まっています。

前提として車中泊といってもただ駐車できれば良いというわけではありません。

車を駐車できて車内で寝泊まりできるというのが最低限の条件です。

しかしそれでは不便すぎます。

駐車場の近くにトイレ・水道がないと厳しいです。

トイレに行きたくなったら、すぐに車を運転して移動しなければなりません。

水道がなければ、寝る前に歯磨きをして、寝られる状態にしてから、車中泊スポットに移動しなければなりません。

一般的に水道やトイレのある車中泊スポットは

道の駅

駐車場のある公園

オートキャンプ場

が思い浮かびます。

また目的により車中泊場所は変わってきます。

火を使って料理したり、コーヒーを淹れたりしたいという方はオートキャンプ場がオススメです。

「どこでも良いから車中泊したい!」

という方は道の駅がオススメです。

街には道の駅があまりないので、街で車中泊する方は広めの公園がオススメです。

地方の道の駅に行くと、車中泊目的の車がたくさん泊まっています。

なぜ車中泊車か分かるかというと、長年の勘です!

冗談です笑

実際に行ってみると分かりますが、キャンピングカーやハイエースなどの車種が多いので明らかに車中泊目的なのが分かります。



地方の道の駅は駐車場が広めなので、私の経験では駐車スペースがないということはありませんでした。

そのため基本的には道の駅であれば車中泊可能です。




車中泊スポットの探し方


今回は私流の道の駅の探し方をお教えします。


1. Googleマップで検索


北海道での車中泊を例に調べてみます。


2. 行きたいエリアに合わせて「道の駅」と検索


当日行きたいエリアに大体で良いのでポジションを合わせます。

札幌から函館に向かう予定で調べています。

途中で通るニセコやルスツエリアに道の駅があるかを調べます。


3. 出てきた道の駅の詳細を確認


道の駅や類似のスポットが出てきました。

札幌から100km弱の場所に「道の駅 くろまつない」があります。

写真を見るとトイレが綺麗そうです。

近くに温泉施設もあります。

ちなみに私は車中泊でも夜にしっかりシャワーを浴びたいので、お風呂が近くにあるのはありがたいです。

近くの温泉で疲れを癒やし、ご飯を食べ、道の駅 くろまつないで車中泊し、翌朝ゆっくり函館に向かうプランに決定です。


最低限の快適さを求めるなら道の駅がオススメ


いかがだったでしょうか?

「車中泊してみたいけどなんとなく不安だな。」

という方もいるかと思います。

目的地に到着するまでも旅の一環です。

時間に余裕があるのでれば、目的地にたどり着くまでの旅路も含めて、車中泊しながら旅を楽しむのはどうでしょうか?

新たな発見があるかもしれませんよ!

最後に車中泊する際は最低限のマナーを守りましょう!

夜に車中泊スポットにに到着した際はすでに寝ている方もいるので、エンジン音を無駄にふかしたり、音楽やラジオの音量にも気をつけましょう。

車中泊場を決め、安全に車を駐車したら、速やかにフロントライトの光を消しましょう!

皆さんそれぞれの車中泊を楽しんでください!