【初心者が最低限必要なサーフ道具5選】基本アイテムを揃えれば、すぐにサーフィンを始められる!


この記事はこんな方にオススメします!


  • サーフィンに興味のある方
  • サーフィン初心者の方
  • これからサーフィンを始めたい方
  • サーフィンを始めたいが、どんな道具を購入して良いか分からない方
  • サーフィンをやる際に最低限必要な道具を知りたい方



サーフィン初心者がサーフィンを始める前に用意する道具


サーフィンを新たに始める人が必要なアイテムリスト


  1. サーフボード
  2. フィン
  3. リーシュコード
  4. ワックスorクリアパッド
  5. サーフィンウェア(ウェットスーツor水着)



サーフィンを始める前に最低限必要なアイテムをリストアップしました。

サーフィン初心者に必須のアイテムを揃えれば、ひとまずサーフィンはできます。

それでは1項目ずつ解説していきます。



1. サーフボード


サーフィン道具と聞いて、まず思い浮かべるのがサーフボードです。

極限のことを言うとサーフボードがあれば、他に道具は必要ありません笑

なぜなら何も衣類を身につけていない裸の状態で、フィンやリーシュコードを取り付けていないサーフボードでもサーフィンはできるからです。

しかし現代ではマナー的にも法律的にも通用しません笑

とりあえずサーフィンにおいてはサーフボードは必須アイテムです。

私は初心者の方にはソフトボードでサーフィンを始めるのをオススメしています。



2.フィン


フィンは波に乗った時に波をホールドするためにあります。

フィンがないと波の上でボードをコントロールできず、クルクルと回っていまいます。

波の形や大きさ、サーフボードの長さに合わせて、フィンの形状、サイズ、個数を変えます。

自分のサーフィンレベルやボードの種類によって使い分けていくことになります。

先程オススメしたソフトボードであれば、最初からフィンが付属しています。





3. リーシュコード


サーフボードと自分の足を繋ぐヒモです。

このリーシュコードがあれば、波からワイプアウト(乗っている波からの離脱)してサーフボードを離してしまっても、サーフボードが波で流されることはありません。

波のサイズによってリーシュコードの太さを変えます。

そしてリーシュコードの長さを選ぶ基準はサーフボードの長さ前後がオススメです。

理由はワイプアウトした際にどのくらいの距離までボードが流れるかを把握していれば、他の人にボードがぶつかってしまうのを防げるからです。

他の人にボードが当たるのを防ぐために、ボードと同じ長さの距離くらいは流れるという感覚を掴んでおきます。





4.ワックスorクリアパッド


波に乗った際に足がサーフボードから滑らないようにするための滑り止めの役割です。

海に入る前にサーフボードにワックスを塗るのが基本ですが、滑り止め用のクリアパッドを貼っておくとワックスは要らずです。

私はソフトボードにワックスではなく、クリアパッドを貼っています。

理由はソフトボードを使用する時は小波の場合が多いので、ワックスほどの滑り止め効果が不要だからです。





5. サーフィンウェア(ウェットスーツor水着)


ウェアは海水温や外気温によって変わってきます。

つまり季節や場所によりウェアを使い分けることとなります。

北国であれば、夏でもウェットスーツを着用する日もあります。

私は関東の海であれば、

春:3mmのフルスーツ
夏:上半身はタッパーやラッシュガード、下半身は水着
秋:3mmのフルスーツ
冬:セミドライのフルスーツにブーツとグローブ

といった具合で使い分けています。

夏以外のシーズンにサーフィンするのであれば、ウェットスーツがあると快適です。





最低限必要なアイテムを揃えて、サーフィンを始めよう!


サーフィンを新たに始める人が必要なアイテムリスト


  1. サーフボード
  2. フィン
  3. リーシュコード
  4. ワックスorクリアパッド
  5. サーフィンウェア(ウェットスーツor水着)


極論はサーフボードがあれば、波に乗るという行為自体はできます。

このように考えるとボード以外はオプションとなります。

しかしフィンがないとボードをコントロールできませんし、リーシュコードがないと危険です。

また、滑り止めがないとテイクオフの際に手や足が滑りますし、ウェアがないと快適にサーフィンを楽しめません。

このことから私は5つのアイテムをサーフィンに必須なアイテムと位置づけました。


私はサーフィンが大好きなので、大雪の日でも波があればサーフィンします笑

ちなみに北国の真冬だと、海水温は氷点下に程近い海水温になるので、セミドライスーツかドライスーツが必要です。

真冬のサーフィンも体が引き締まって気持ち良いですよ笑